初心者でも簡単にHTMLメールを作成する方法

ボタン操作で簡単にHTMLメールコンテンツを作成することができます。画像の挿入や文字の色付け、リンクの挿入などが行えるためテキストメールよりも訴求力も高く集客や販促の効果が見込めます。また、作成したコンテンツをテンプレートとして保存しておくこともできるので、HTML初心者の方も利用でき社内のどなたでもメールコンテンツの作成が可能です。作業効率の向上にも繋がります。

作成方法

機能選択メニュー「オートメーション」→「メール管理」→「メール定義」より作成が可能です。

手順1:「新規作成」を選択します。

手順2:コンテンツタイプで「HTML」もしくは「マルチパート」を選択します。
「マルチパート」(※)ではテキスト形式とHTML形式の2つの形式で作成が可能です。
※マルチパートとはHTMLメールが受信できないユーザへは自動的にテキストメールを送信する機能です。

各ボタンで下記の操作が行えます。

※1. DIVコンテナの作成
コンテンツをセクションで分けて編集をすることができます。スタイルシートクラスの指定や、idやスタイルなども設定いただけます。もちろん、ソース画面でも設定・変更も可能です。設定内容はdivタグ内の属性値となるため、英数字を推奨しております。

コンテナの範囲の確認は「ブロック表示」のボタンをクリックで行えます。

※2. ハイパーリンクの挿入が行えます。
リンクを作成する際は、リンクを挿入したい位置かリンクを張る文字列を選択し、「ハイパーリンクボタン」を選択します。「ハイパーリンク情報」の4項目は必須となります。

「ターゲット」ではターゲットフレームの設定、「高度な設定」では、ターゲット属性の設定や Id 、Name 属性の設定なども行えます。

※3. アンカーの挿入/編集
リンク先をページ内の箇所に設定することができます。リンクを設定する際に設定したアンカーの名前を指定すると、そのアンカーを設定した箇所にリンクされます。

【例】「リンク」というテキストをクリックすると「タイトル1」へ移動させる
1. 移動したい箇所「タイトル1」にカーソルを合わせてアンカーボタンを選択してください。ポップアップウィンドウが開くのでアンカー名を入力します。

2. 「リンク」にカーソルを合わせて「ハイパーリンク」のボタンを選択してください。ポップアップウィンドウが開くのでリンクタイプを「ページ内アンカー」、アンカー名を先程アンカー設定した「title1」を選択します。

3. 設定が完了したら右上の「プレビュー」というボタンから実際の画面を確認できます。
「リンク」をクリックすると「タイトル1」へページ内移動します。ページ内移動の利用例として、目次から各項目のタイトルへページ内移動をさせる等があります。

※4. イメージの挿入/編集
イメージの挿入が行えます。イメージにリンクを設定することも可能です。URLへ画像のURLを入力してください。リンクを設定する際には「リンク」画面から設定いただけます。

手順3:メールコンテンツの作成が完了したら、ページ下部にある「定義を作成」を選択します。「テストメールを送信」から、テストメールを送信し内容の確認をすることも可能です。

この記事は役に立ちましたか?