オフラインで手に入れたリストへもステップ配信ができる機能

プライベートDMPに連携していない配信リストもファイルアップロードを行うことで、メールを配信することができます。メールはステップ配信も可能です。例えば展示会で獲得した名刺、オフラインのイベントで獲得したリスト情報などに対してステップを踏んだメール施策を実施することができます。

設定方法

機能選択メニュー「オートメーション」→「都度メール配信管理」→「メール配信リスト管理」より、リストのアップロードを行います。

※注意:事前に配信するリストをCSVで準備をお願いします。

手順1:新規作成を選択しリスト名を入力後、アップロードファイルより配信対象のCSVファイルを選択してください。ファイル選択後アップロードをクリックするとリストの登録が完了します。

以上でリストの登録完了となります。

メールのシナリオ定義

機能選択メニュー「オートメーション」→「シナリオ管理」→「シナリオ定義」より、配信するメールのシナリオ定義を行います。

手順1:シナリオ定義の新規作成をクリックし、配信条件を設定します。リスト選択より配信リストを選択し、配信リストより対象のリスト名を選択します。設定後、このシナリオのステップを定義するをクリックするとステップ定義画面へ移動します。

手順2:ステップ定義画面が表示されます。「ステップを追加」を選択し、ステップ定義画面を表示後「ステップを編集」を選択してください。

手順3:ステップの条件を入力してください。入力が完了したら右上の閉じるボタン(×)をクリックすると設定は保存されます。

手順4:ステップメールを送る際には「ステップを追加」を選択し「ステップを編集」より各ステップの条件を記入してください。最後に「ステップ定義を更新」をクリックすると設定が保存されます。

事例

イベント・展示会で獲得したリストはすぐにアプローチをすることにより、商談に繋がりやすくなります。リストファイルをアップロードし、そのリストに対し、メール配信をすることでイベントや展示会が記憶に残っているうちにコンタクトを取ることできます。さらにそのリストに対し、ステップメールで「御礼メール」、「セミナー案内」、「キャンペーン告知」とアプローチを続けることで、見込み顧客の育成に繋げることができます。

この記事は役に立ちましたか?