商品の在庫切れや販売終了における機会損失を減らしたい

課題

商品の在庫切れや販売終了における機会損失を減らしたい。

解決策

在庫切れや販売終了となった商品ページでは、レコメンドを活用して関連商品を訴求することで、機会損失を減らすことができます。

当社のアパレル通販会社様の事例をご紹介いたします。

〈アパレル通販会社様の事例〉
インフルエンサーがブログやTwitter、Instagram等のソーシャルメディアを通して紹介した商品が、過去の投稿であった場合、既に販売が終了していることが多く結果として直帰率が高くなり、大幅な機会損失となっていました。
そこで、販売終了商品にアクセスしたユーザが機械損失を減らすためにレコメンド枠を設置し、販売終了商品と関連の高い商品をレコメンド表示したところ、レコメンドでユーザの興味・関心を引くことに成功し直帰率が15%改善しました。

また、レコメンドを活用する際の注意点として、レコメンド枠を設置してユーザがクリックしても、クリックした先の商品が在庫切れの場合はユーザの購買意欲が低下してしまいます。そのため、レコメンド表示を行う際には、在庫切れの商品を表示しないように制御することをお勧めします。また、既に入荷予定日が決まっている商品の場合は、商品詳細ページで入荷予定日を記載したり、メールで入荷予定日をご案内する等の対応を行う等も機会損失の低下に繋がります。

この記事は役に立ちましたか?