レコメンドする商品やコンテンツの内容を絞って表示する方法

課題

レコメンドする商品やコンテンツの内容を絞って表示を行いたい。

解決策

フィルタ機能を利用することにより、商品マスタ・コンテンツマスタ内にあるカテゴリやジャンルといった条件で絞ったレコメンドを行うことができます。
例えばユーザの興味・関心に合わせたパーソナルレコメンドを実施する際、フィルタを利用し条件を絞ることで、より精度の高いレコメンドを実施することができます。
業種・業態に応じて絞り込むフィルタ条件は異なりますが、例えば化粧品通販サイトであれば化粧水、乳液といった商品カテゴリ(商品ライン)を絞ったレコメンド、旅行サイトであれば国内旅行、海外旅行といった渡航先を絞ったレコメンド、人材サイトであれば営業職、事務職といった職種を絞ったレコメンドが可能です。

利用例:化粧品通販サイト
商品カテゴリを絞ったパーソナルレコメンド

利用例:旅行サイト
渡航先を絞ったパーソナルレコメンド

利用例:人材系サイト
希望職種・希望勤務地を絞ったパーソナルレコメンド

利用例:アパレル通販サイト
ブランド・ジャンル絞ったパーソナルレコメンド

汎用的に効果が高い利用例として、カテゴリを絞ったランキング表示や新着キャンペーンのレコメンド表示も有効です。
例えば商品数が多いサイトの場合、トップページやカテゴリトップでカテゴリを絞ったランキング表示を行うことで、特定の人気商品を埋もれさせることなく訴求することができます。
またレコメンドマスタに「新着フラグ」がある場合は、新着商品に絞ったレコメンド表示を実施し購買促進を行うことも有効です。

利用例:カテゴリを絞ったランキング表示

利用例:新着商品のレコメンド

フィルタ機能は商品だけではなく、ブログ記事や特集記事を始めとしたコンテンツのレコメンドにも利用できます。
例えばBtoBサイトの場合、サービスAについて書かれているブログ記事ではサービスAに絞ったブログ記事の閲覧ランキングを表示したり、メディアサイトで文房具について書かれた記事であれば文房具に関連する記事を閲覧レコメンドで表示することが可能です。
これにより関連性の高いコンテンツを訴求できるため、ユーザの興味関心を促し、サイトの回遊率向上に繋げることができます。

利用例:ランキングにおけるコンテンツレコメンドのフィルタ利用

利用例:閲覧レコメンドにおけるコンテンツのフィルタ利用

この記事は役に立ちましたか?