マーケティングオートメーション施策
【LINE編】

LINEマーケティングの重要性

企業と顧客のコミュニケーションの一環として活用されているLINEは、現在のマーケティング戦略において重要な手段の1つとなっています。すでにLINE公式アカウントを運営されている企業様も多いかと思いますが、運用が回らない、見込み客が思ったように獲得できていないといった様々な課題をお聞きします。そこで今回は当社のMA(マーケティングオートメーション)で実現可能なLINEを使った活用例をご紹介させていただきます。

見込み客に対するセグメント配信

「自社サイトで資料請求したユーザ」「商品Aを見ているが購入していないユーザ」など、見込みの高いユーザに対して重点的にメッセージ配信を行うことができます。自社のデータを活用することで、より精度の高い見込み客を抽出することができるため、効率的にセグメント配信を行うことができます。

ステップ配信

MAを利用することでシナリオに応じたステップ配信も効率的に行うことができます。例えば無料サンプル請求や資料請求、商品購入などユーザがアクションした後のフォローをシナリオ登録しておくことで、事前に指定したタイミングに合わせて自動でメッセージ配信することができるため、ご担当者様の運用負荷を軽減することができます。

メール・レコメンドと連動した配信

LINE経由会員に対するカート落ち配信

メールやWEBなど他のチャネルと連動した1to1のメッセージ配信も可能です。例えばメールを送ったけど開封がないユーザだけに対して、今度はLINEで特定のメッセージを配信することで、ユーザに情報を漏れなく届けることができます。またLINE経由で訪問したユーザに対しては、LINEで情報を届けた方が有効です。例えばかご落ち商品があった場合、LINEでかご落ちの通知を配信することでユーザの閲覧数を上げることができます。

さらに高い効果を見込めるカルーセルやリッチメッセージ

カルーセル活用例

カルーセル形式で表示することで、より多くの商品を訴求することができます。
リンク設定を行うことで商品ページへ誘導することもできます。

リッチメッセージ活用例

リッチメッセージはユーザの目に止まりやすく、1画面でより多くの情報を訴求することができます。
リンク設定を行うことで情報ページへ誘導することもできます。

LINEを使ってMAでメッセージ配信を行う際は、カルーセルやリッチメッセージを活用することで高い効果が見込めます。例えばLINEを使ってかご落ち通知を行う場合は、WEBの閲覧履歴や購買情報と連動し、そのユーザの興味・関心が高い商品やコンテンツをかご落ち通知と併せてLINEでレコメンド配信します。その際、カルーセル形式で表示することで、ユーザにより多くの情報を訴求することができます。 リッチメッセージはユーザの目に止まりやすいため、確実に情報を届けたい際に活用します。例えばメールの開封がない会員に対して、今度はLINEのリッチメッセージで改めて情報を配信することでよりその会員の目に止まりやすくなります。また、リッチメッセージやカルーセルはリンク設定をすることができます。関連する商品やお薦めの情報へリンク設定をしページへ誘導することで、自社WEBサイトの回遊を高め、売上アップやLTV向上を図ることが可能となります。是非ご活用ください。

効果の高いメール配信シナリオ紹介 MA製品紹介へ戻る

マーケティングクラウドの主要機能を詳しくご紹介

プライベートDMP

様々なデータを顧客軸で統合管理

データ分析

ユーザーの属性や行動履歴を分析・可視化

レコメンド

AI搭載で、嗜好に適した1to1アプローチ

マーケティングオートメーション

顧客に最適なコミュニケーションを自動化