メールマーケティングの基礎と最新トレンドを解説!

近年、顧客と企業のコミュニケーション手段としてオンラインによるコミュニケーションが重要視されています。オンラインコミュニケーションにおいて、メールマーケティングは従来からある手法であり、力を入れられている企業様も多いのではないでしょうか。そこで今回は、メールマーケティングの基礎やAIを使った最新トレンドをご紹介させていただきます。

メールマーケティングとは

メールマーケティングとは、顧客とのコミュニケーションをメールを使用して行うマーケティング施策のことを指します。主に見込み顧客の育成、サービスの購入、成約率の向上といったマーケティングの目的を達成する手段として利用されています。

メールマーケティングは顧客に合わせたコンテンツの最適化が一般的でしたが、近年では顧客に合わせてメールの配信時間を最適化したり、更にきめ細かなセグメントを行うことで、より効果を上げることが可能となっています。またLINEやFacebook、Instagramを始めとしたSNSが広く使われるようになり、顧客の活動様式が変化したことによってメールマーケティングはさまざまなチャネルと組み合わせて活用されるようになりました。

メールマーケティングを行うメリット

顧客に合わせてメールの配信時間やコンテンツを最適化することでCV率向上を見込める

顧客全員に同じメールを一斉送信するメルマガ配信より、顧客の属性(性別、生年月日、出身地など)や購入商品、Web閲覧履歴、見られやすい時間帯といった一人ひとりの興味・関心に応じてお薦めする情報を変更することで、高いCV率(コンバージョン率)が期待できます。

開封率、クリック率、CV率といった効果測定が行える

マーケティングにおいて重要な効果測定も、メールマーケティングであれば比較的容易に行うことができます。メールの効果を測定する効果検証ツールを利用することで、開封率、クリック率、CV率といった効果測定を行うことができます。またツールによっては誰がメールをクリックしたかを計測することも出来るため、クリックした見込客に対して個別アプローチを実施するなど、効果測定を受けてよりきめ細かなアプローチを実施することも可能です。

他の施策に比べて低コストで実施ができる

施策を行う際、必ず課題としてコストという点が挙げられます。マーケティングの施策にはWeb広告、CM、ダイレクトメールといった様々な手法がありますが、これらの施策は安価に利用できるメール配信システム費用のみのメールマーケティングと比べて高い コストがかかってしまう傾向があります。メールマーケティングは低コストで始めやすいといった特徴があります。

メールマーケティングの種類

メールマーケティングには、複数の手法があり目的ごとに使い分ける必要があります。代表的な種類として、メールマガジン、ステップメール、セグメントメールがあります。

メールマガジン

メールマガジンはメールマーケティングで一般的に最初に行われる手法で、全顧客に対して一斉配信で同一のコンテンツを配信するメールのことです。定期的な情報提供を目的として配信されることが多く、キャンペーンやセミナー案内、新商品の紹介といった幅広いコンテンツを利用して配信を行います。

ステップメール

ステップメールは、「資料請求」「サンプル請求」「セミナー申込」「商品購入」といった事前に指定した条件に合致した顧客に対して、予め決められた複数のメールを決められたタイミングで配信するメールのことです。例えば、サンプル請求したユーザに対して、1日後に商品発送の案内メール、3日後に商品到着確認のメール、1週間後に使用状況の確認メールといったきめ細やかなメールを配信することで、最終的に商品購入や成約に繋げることが目的となります。

セグメントメール

セグメントメールはメールを配信する対象者の条件をセグメント(優良顧客、見込顧客、休眠顧客、会員ランク、性別、職業、地域、誕生月、購入金額など)で分け、対象者に最適な内容を配信するメールのことです。セグメントした顧客に対して、限定クーポンや誕生月メール、プレゼントメールなどを配信することで、商品購入や成約に繋げます。一方で、休眠顧客といった直近購入やアクションがない顧客に対しては、過去の購入履歴やWeb閲覧履歴から興味・関心を識別してメールアプローチを行うことも可能です。セグメントメールを行うことで、顧客のステータスに合わせて最適な情報提供を行うことができます。

メールマーケティングのKPI

メールマーケティングを行う場合、はじめにKPI(※)を決定する必要があります。メールマーケティングのKPIには開封数(率)、クリック数(率)、CV数(率)などが挙げられます。KPIを決定したらその目標を達成するために施策を行う必要があります。

※KPI(Key Performance Indicators):重要業績評価指標

メールマーケティングの最新トレンド

メールマーケティングの手法として最近はAI(人工知能)の活用が注目されています。AIを使用することで、顧客一人ひとりの開封率の高い時間帯に合わせてメールを配信したり、コンテンツA/Bテストの自動最適化を行うことができます。当社が実施したお客様の事例では、AIを利用してメール配信時間を自動最適化することで、開封率が従来に比べて10%アップした事例もあります。また、メールコンテンツのA/BテストをAIで自動化することで、1回の施策でメールコンテンツのテスト・検証・実行が可能となり、メールマーケティングにおけるPDCAの効率化を実現することができるようになります。

まとめ

今回は、メールマーケティングの基礎と最新のトレンドをご紹介させていただきました。当社MA(マーケティングオートメーション)では、きめ細やかなセグメント作成によるメールマーケティングやAIによる配信時間の自動最適化やA/Bテストの自動最適化にも対応をしております。MAをご検討の際は、お気軽にご相談くださいませ。

<参考文献>
メールマーケティングとは?メルマガとの違い・事例と効果・ツールのおすすめ
https://boxil.jp/mag/a59/
メールマーケティングとは?基礎知識やメリット、効果的な手法を紹介
https://jp.marketo.com/content/email-marketing-basic.html

社内DXを推進するマーケティングツール

アクティブコアマーケティングクラウドは顧客軸でのデータ統合により、顧客を起点としたマーケティング施策が実現できます。レコメンドやMAによって顧客に合わせた1to1アプローチを。

製品紹介はこちら 製品資料ダウンロード