今話題のDX(デジタルトランスフォーメーション)!導入のメリットとは?

デジタルテクノロジーの進化は現代において急速なスピードで「自動化・効率化」を促進しています。消費者は複数のデバイスを併用して、その場にいながら翌日には欲しいものを入手します。消費者の購買行動の変化に企業が対応しようとデジタルを組み込んだ新商品・サービスの開発や業務の効率化、販促活動の自動化などあらゆる面でデジタル化を進めています。その流れの中で、近頃話題となっている「DX」というキーワードに注目している方も多いかと思います。今回は、DXに取り組むべき理由や導入のメリットを中心にご紹介をさせていただきます。

DXとは

DX(Digital Transformation/デジタルトランスフォーメーション)とはスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が2004年に提唱した概念です。インターネットやクラウドサービス、AI(人工知能)などの進化し続けるデジタルテクノロジーが人々の生活やビジネスの質を高め豊かにしていくという意味になります。DXはデジタイゼーション(※1)とデジタライゼーション(※2)を行った結果、社会や人々の生活に影響を与えるものとされています。

※1デジタイゼーション:デジタル技術を活用することで自社のビジネスプロセスをデジタル化し、業務効率やコスト削減を目指すもの
※2デジタライゼーション:デジタル技術を活用することで自社のビジネスモデルを変革することで新たな事業価値や顧客体験を生み出すこと
引用:デジタイゼーションとデジタライゼーションの違い
https://dmc.i-studio.co.jp/dx/digitization_digitalization/

今企業がDXに取り組むべき理由

デジタルテクノロジーの浸透・進化に伴い、現在あらゆる業界において新しい商品・サービス・ビジネスモデルが登場しています。これにより企業における利益の維持や企業同士の競争が加速しています。

経済産業省が2018年9月に発表した「DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~」によると、2025年までにシステム刷新を行わなかった場合、以下の懸念点があるとされています。

・既存システムのデータなどが活用できず、市場・業界の変化に周南・迅速に対応できない。
・デジタル化の進化によりシステムの維持管理が高額化。
・保守運用の担い手の不足に伴い、サイバーセキュリティや事故・災害によるシステムトラブルやデータ滅失等のリスクが高まる。

引用:DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~
https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/digital_transformation/20180907_report.html

「既存システムの課題改善」「業務の見直し」が迫られる中、いかにDXを推進するかが重要課題となっており、課題が解決できない場合は2025年以降に年間最大12兆円の経済損失が生じる可能性があると発表されています。

DX導入のメリット

DXを導入するメリットは以下の3点です。

1.市場・業界の変化に柔軟に対応することができる

既存システムの見直しを図ることで、データ活用の基盤が整います。基盤が整うことで、移り変わりの早い市場や業界において、データを中心としたアプローチが可能となり、消費者に対して柔軟な対応を実現することができます。

2.新しい商品の誕生が期待できる

DX推進には様々な技術を活用していく必要があります。その中でも注目されているのがAI(人工知能)です。AIを利用することで、企業に眠る膨大なデータを活用して業務効率化や生産性向上を実現することができます。特に新商品開発の分野においては、AI活用により競合優位性の高い新商品開発にも貢献しています。

3.データ統合により顧客体験の向上が実現できる

企業内で分散しているデータを統合することで、企業は自社顧客のデータを正しく可視化することができます。現代において消費者の購買行動は複雑化しており、あらゆるチャネル(顧客接点)を横断して情報収集をし購買に至ります。チャネル間のデータを統合することで、あらゆるチャネルで顧客に一貫したアプローチを実現することが可能となり、顧客体験の向上に繋げることができます。

マーケティング業界におけるDXの最新トレンド

マーケティング業界のDX最新トレンドとして、プライベートDMP(Data Management Platform/データマネジメントプラットフォーム)をご紹介します。プライベートDMPは、主に企業が保有しているデータを統合し、マーケティング施策を実施するデジタルマーケティング基盤となります。従来よりプライベートDMPは注目されていましたが、DX推進を進める企業が増える中で、改めてその重要性が見直されています。顧客体験の向上を行うには、従来の部分最適化ではなく、データを統合することで顧客を捉え、最適なタイミングで最適なアプローチを実施することで、顧客プロセス全体の最適化を実施する必要があります。プライベートDMPは、DXを推進するで重要なステップと言えます。

まとめ

今回は、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性と最新事例をご紹介させて頂きました。当社アクティブコアマーケティングクラウドでは、社内に散在しているデータ(ユーザの行動履歴や購買履歴・属性情報など)を顧客軸で統合し、MA(マーケティングオートメーション)、レコメンド、分析を行うことが可能です。データ統合、MAなどをご検討の際は、お気軽にご相談くださいませ。

参考:DX(デジタルトランスフォーメーション)とは
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO59953540T00C20A6EA2000/
参考:DX(デジタルトランスフォーメーション)とは? 言葉の意味を事例を交えてわかりやすく解説
https://monstar-lab.com/dx/about/digital_transformation/

社内DXを推進するマーケティングツール

アクティブコアマーケティングクラウドは顧客軸でのデータ統合により、顧客を起点としたマーケティング施策が実現できます。レコメンドやMAによって顧客に合わせた1to1アプローチを。

製品紹介はこちら 製品資料ダウンロード