CDP導入のメリットとは?

企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する上で、顧客コミュニケーションの最適化を行うことは必須となりました。そのような中、現在CDPの重要性が高まっています。そこで今回は、CDPを導入することによってもたらされるメリットについてご紹介をさせていただきます。

CDPとは

CDP(カスタマー・データ・プラットフォーム)とは、顧客データの統合・管理を行う基盤のことです。CDPは性別・年齢といった属性情報を含む顧客データ以外にも、Webサイトのアクセスデータ、購買データ、商品データ、広告データなど企業が自社で保有している様々なデータを統合することが可能です。活用できるデータはオフラインに留まらず、オンラインのデータも統合が可能です。例えばWebサイトのアクセス履歴と購買履歴、会員のデータ、実店舗のPOSデータ、DM配信のデータといったオンライン・オフライン情報をCDPで統合・管理することで、チャネルを横断したOne to Oneの顧客コミュニケーションを実現することができます。

CDPのポイントは顧客単位でのデータ統合です。顧客単位でデータを統合することで、従来困難であったいつ誰がどこで何を購買し、その人の属性や会員情報は何なのかを把握することができます。顧客単位で統合されたデータを活用することにより、自社全体のマーケティング最適化を図ることができます。

CDPとDMPの違い

CDPと併せてよく耳にするのがDMP(データマネジメントプラットフォーム)です。CDPとDMPの大きな違いは扱うデータの種類が異なるという点です。CDPは前述の通り、顧客個人のデータを扱うことを目的としており、統合するデータは自社で保有しているデータ(1stパーティデータ)の他、第三者が提供する外部データ(3rdパーティデータ)も含まれます。一方でDMPで取り扱うデータは3rdパーティデータが中心となります。そのためDMPは主に広告配信の最適化に利用されます。
因みにDMPと併せてプライベートDMPというキーワードをよく出てきますが、現在プライベートDMPとCDPは機能において明確な差はなく、同じような意味として使われることが多いです。

CDP導入のメリットとは?

データの一元管理ができる

企業でよくある課題として「データが部署単位や施策単位で分かれているため、顧客一人ひとりのニーズを掴んだアプローチができない」という点が挙げられます。CDPはこれら分断されている様々なデータを顧客単位で統合・管理することができるため、幅広いデータを活用したマーケティング施策を実施することができます。

チャネルを横断した分析・可視化ができる

データの一元管理により、チャネルを横断した分析が可能となります。例えばEC通販の広告費用対効果の可視化を例とした場合、Webや店舗など様々な購買経路を経て最終的に優良顧客となった人の初回きっかけの広告媒体を把握することができます。データを一元管理することにより広告をCPA(※1)ではなく、LTV(※2)の観点で可視化することができるようになります。顧客と紐付けてプロモーション軸や商品軸、売上軸など様々な視点で分析・可視化を実施することが可能となります。

(※1)CPA:Cost Per Acquisition の略。顧客獲得一人あたりの支払額のこと。
(※2)LTV:Lifetime Value の略。1人の顧客が初めてそのサービスや商品を購入してから辞めるまで、どれだけの利益をもたらしたかを表したもの。

マーケティングにおける分析・施策業務の効率化を図ることができる

マーケティングにおける分析や施策の業務効率化を図ることができます。データが一元管理されていない場合、分析においては日々の業務に必要なレポート作成に時間を取られるため、施策の立案や実行に時間が取れなくなります。
また施策においては、アプローチ対象となるセグメントの抽出が現場担当者様では困難な場合が多く、情報システム部といった他部署に依頼する必要がでてくるため、顧客に対してすぐにアプローチ出来ないという課題が出てきます。
CDPを導入することで、必要なデータをすぐに見れる環境が整うため、マーケティングにおける分析・施策のPDCAを素早く回すことができます。

顧客に対して一貫したOne to Oneコミュニケーションが実現できる

多様化する顧客の購買行動において、顧客がどのチャネルに触れても一貫した情報を提供することができます。顧客の興味・関心などを的確に掴むことができるため、顧客一人ひとりに対してより最適化された情報をお薦めすることができます。データを統合・管理することでより効果的・効率的なマーケティング施策を実行できるようになります。

まとめ

今回はCDPの基本から導入のメリットを中心にご紹介させていただきました。CDPの活用は今後ますます重要となります。是非導入検討のご参考にしていただければ幸いです。
また当社では、プライベートDMP/CDPを保有したアクティブコアマーケティングクラウドをご提供しています。CDPをご検討の際は、お気軽にご相談くださいませ。

社内DXを推進するマーケティングツール

アクティブコアマーケティングクラウドは顧客軸でのデータ統合により、顧客を起点としたマーケティング施策が実現できます。レコメンドやMAによって顧客に合わせた1to1アプローチを。

製品紹介はこちら 製品資料ダウンロード